人気ブログランキング | 話題のタグを見る

習志野稲門会の紹介



習志野稲門会の紹介【2022年6月現在】

 

習志野稲門会のブログを閲覧いただき、ありがとうございます。
本会は1987年、市内在住の有志によって設立されました。以来、長きに亘り活発な活動を続けています。校友の皆様のご入会を心よりお待ち申し上げます。

習志野稲門会の活動理念は以下の三つです。

「会員相互の親睦」「大学への支援」「地域への貢献」

上記理念に基づき、会全体としては以下の活動をしています。
 
1月・・・新年会
3月・・・花見&バーベキュー
5月・・・総会
8月・・・暑気払い
10月・・ホームカミングデー・稲門祭に参加
11月・・バーベキュー会
11月・・千葉県稲門祭
  

全体活動のほかに以下の部会があります。

蕎麦部会
囲碁部会
ゴルフ部会
カラオケ部会
庭球部会
釣り部会
トレッキング部会
麻雀部会
ボランティア部会(現在休止中)


詳細は習志野稲門会事務局まで気軽にお問い合わせください。

 習志野稲門会幹事長  石川文敏

    e-mail  fumiton23@rapid.ocn.ne.jp

携帯電話 090-2235-8753


                             

  

                           


# by narashino_toumon | 2022-12-31 22:55 | お知らせコーナー

会長挨拶

会長挨拶


鈴木周一(1972年 文学部卒)



 2019年(令和元年)5月、伝統ある習志野稲門会会長に就任いたしました。

習志野稲門会は1987年、習志野市在住の有志によって設立されて以来、

30年以上に亘って活発な活動を続けています。

 運営の中心は時間に余裕のある、第一線を退いた者が担っています。

この点は是非ともご理解下さい。誰にでも第一線からの引退の時は訪れます。

その時大切なのは以下の三つの「キン」を有しているかどうかだと言われています。


1. 交際費(お金のキン) 

2. 体 力(筋力のキン)

3. ご近所(近所の知り合いのキン)


 お金と体力があっても、第一線を退いた時、ご近所に知り合いがいなければ、

地域社会から孤絶した生活を送らざるを得ません。しかし、その時頼りになるのが稲門会です。

同じ大学に学び、卒業して各地に散った校友が、再び集う場所が地域稲門会です。

この習志野稲門会もその一翼を担っています。

 会員同士の交わりは、長幼の序を(わきま)えた君子の交わり、即ち「淡き事水の如し」です。

ブログの記事から和気藹々(あいあい)とした雰囲気がお分かりいただけると思います。

是非とも習志野稲門会の扉を叩いてみて下さい。会員一同心より歓迎いたします。

 幸い、習志野市は早稲田大学まで比較的近い場所にあります。時には母校を訪ね、

有意義な活動のために智慧を出し合い、様々な活動で汗を出し、ともに「都の西北」を唱和しましょう。

熱き血潮が燃え(たぎ)ること請け合いです。


2019年5月


# by narashino_toumon | 2022-12-30 08:40 | 習志野稲門会 会長挨拶

2022年度 千葉県稲門祭報告

県支部創設125周年記念 千葉県稲門祭開催

『千葉を考える!』

 11月27日、小春日和の日曜日、東京ベイ幕張ホールにて千葉県稲門祭が開催されました。対面参加者が291名(内習志野は26名で千葉、船橋に次ぐ数)、リモート参加者が61名でした。

 田中総長からは、昨年度入試においてライバル慶応に差をつけたとの報告。今後も更なる「学ぶ価値のある大学」を目指して邁進する旨の力強い挨拶がありました。

 続いて熊谷知事が登壇。学生時代から会社員時代、その後政治家を目指すことになった経緯を話してくれました。そして話は佳境へ。『千葉を考える!』をテーマに、理路整然と、しかも原稿なしで以下のように語ってくれました。

(1) 危機管理体制の構築

先般の台風による大停電の被害を検証し、県民の安全確保に役立てる。

(2) 成田空港の貨物輸送能力の更なる向上

全国の貨物輸送の65%が成田(世界5位)に着目し、その力を更に高めるため、第3滑走路の2029年完成を目指す。

(3) 社会資本の充実と街づくり

首都圏中央自動者道路沿いの土地開発を県主導で行い、工場・会社の誘致につなげる。

 最後に、地価が比較的安い千葉県への転入者が増加傾向にあること、埼玉や神奈川にはない潜在能力が千葉にはあることなどを語ってくれました。今後、仕事の傍らマリンスポーツなどを楽しむ若者が増えれば、千葉県もより活性化することでしょう。熊谷知事は自らの考えを自らの言葉で発信できる稀有な政治家であるとお見受けしました。

 最後に、早稲田が誇る応援団が登場。今年も斉唱は叶いませんでしたが、「紺碧の空」「コンバットマーチ」「都の西北」を静聴して第一部は終了。

 第二部はお待ちかねの懇親会。300名近い懇親会は壮観です。晴れて米寿をお迎えの上野、木村両氏を始め、26名が久しぶりの大宴会を堪能しました。懐かしいお顔も拝見できて、とても有意義な千葉県稲門祭でした。このような県規模の集まりに参加すると、「習志野は参加者が多いし記念品の購入額も多い。なぜか?」と質問されます。その度に、「大学を愛する人が多いからでしょう。」と答えることにしています。参加してくれた会員の皆様に感謝致します。

              

鈴木周一記)


2022年度 千葉県稲門祭報告_d0340828_16230616.jpg
2022年度 千葉県稲門祭報告_d0340828_16230717.jpg
2022年度 千葉県稲門祭報告_d0340828_16230820.jpg
2022年度 千葉県稲門祭報告_d0340828_16230332.jpg
2022年度 千葉県稲門祭報告_d0340828_16230924.jpg
2022年度 千葉県稲門祭報告_d0340828_16230547.jpg
2022年度 千葉県稲門祭報告_d0340828_16230107.jpg
2022年度 千葉県稲門祭報告_d0340828_16225958.jpg


# by narashino_toumon | 2022-11-28 16:25 | 年間行事報告(稲門会全体及び地域分科会)

秋のゴルフコンペ開催

 11月22日(火)、本千葉カントリークラブにてゴルフ部会の秋季コンペが開催されました。参加者は12名。秋の爽やかな青空のもと、楽しい一日を過ごしました。前日は雨、翌日の23日も冷たい雨だったので、まさに幸運に恵まれました。

 コロナ禍にあって、人と会う機会も激減してしまい、何より身体を動かす機会が減ってしまいました。そんな中、ゴルフ部会は今春から活動を再開し、今年二回目のコンペを開催することが出来ました。参加された皆様に感謝申し上げます。

 広々とした芝生の中を歩ける喜びを改めて嚙み締めた一日でした。今回参加できなかった会員の皆様、次回の参加を心よりお待ち申し上げます。

                         習志野稲門会 ゴルフ部会


秋のゴルフコンペ開催_d0340828_12415634.jpg


# by narashino_toumon | 2022-11-23 12:42 | ゴルフ部会

『秋のバーベキュー会』開催

11月13日、小春日和の日曜日。香澄公園にて年間行事の一つである「秋のバーべキュー会」を開催しました。鉄板から何から 、バーベキュー必須アイテムを買い揃え、一からのスタートでした。しかし、そこは習志野稲門会、持前のチームワークで乗り切りました。唯一の心配は天気でした。予報では夕刻から雨。それでも、急な大雨ではなさそうだったので開催を決行しました。

市内在住の校友に招待状を発送し、3名の方から参加申し込みがありました。(残念ながら1名は体調不良で欠席)。2名の方とはすぐに打ち解け、帰り際には習志野稲門会への加入表明をして頂きました。今後のご活躍を期待しております。

バーベキューでは「焼く人」と「食べる人」に分かれるのが常です。「焼く人」を担当された皆様、ご苦労様でした。戸外で味わうお酒と焼き肉・焼きそばは格別です。
このバーべキュー会で生まれた笑顔は、次の日からの活力の源となり、()いては各人の免疫力向上に寄与することでしょう。参加された皆様、ありがとうございました。

末筆になりますが、後始末にご協力いただいた野田さんに感謝致します。

寒い季節を迎えます。会員の皆様のご健勝を祈念します・

                          

習志野稲門会 バーベキュー担当


『秋のバーベキュー会』開催_d0340828_20572945.jpg
『秋のバーベキュー会』開催_d0340828_20572544.jpg
『秋のバーベキュー会』開催_d0340828_20572338.jpg
『秋のバーベキュー会』開催_d0340828_20571559.jpg
『秋のバーベキュー会』開催_d0340828_20563067.jpg
『秋のバーベキュー会』開催_d0340828_20553856.jpg


# by narashino_toumon | 2022-11-14 20:59 | 年間行事報告(稲門会全体及び地域分科会)